<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

喰われる

読んで気分のよい文章ではないので、隠します。

【R18】

by enzian | 2007-09-20 18:42 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(34)

責任

学生に夢はなんですか?と聞かれて、ちょっとたじっとしてしまった。けっきょく、お茶をにごしたのだけれど、その後しばらくは、なぜたじろいでしまったのか、なぜはっきり答えなかったのか、気になっていた。たじろいでしまったのは、ひとつには学生の意図がはっきりわからなかったからだ。それこそ、すごく夢のあるような話を聞いて元気をもらいたかったのか、それとも、もっと現実的な話を聞いて地に足をつけたかったのか、それが瞬間的には読めなかった。

夢という言葉の使い方にも違和感があった。学生の考える意味とぼくの考える意味がずれているかもしれない、という思いもあった。ぼくは夢という言葉を、9割方実現しないことで、しかも、なにがなんでも実現したいと思うほどでない、とてもぼんやりしたことに使っている。「広大なマツタケ山をわがものにして、日々のマツタケの成長に一喜一憂しながら、マツタケたちとおもしろおかしゅう暮らすこと」と答えたことがあったけど、これなんかそういう意味だ。そんな話で学生は満足できたかどうか、笑えはしただろうけど‥‥

夢とは思わないが、それらしいことはある。それは希望とも表現できないものだ。希望では弱すぎる。それはどうしても実現しなければならないことで、事実、実現する。目的とも言いたくない。目的とか手段とか効率性とか‥‥そういう言葉は生理的にキライだ。あえて言えば、責任か。ぼく自身がある日ある時、勝手に取り決めた責任なのだ。それは全体としては目に見えない――部分部分は見える――けど、ある意味、具体的なことだ。そしてそれは、ぼくに夢をたずねた学生自身にも知らず知らずのうちに影響を及ぼし、勇気づけるはずのことなのだ。

もらった♪

by enzian | 2007-09-15 09:46 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(24)

モノクロ写真

b0037269_2246450.jpgモノクロ写真なんか撮らない、と思っていた。写真のことはわからないけど、なんか気取っているような気がしてイヤだった。どういうわけだかわからないけど、モノクロ写真を見ていると、たいした考えもないのに、ただ闇雲にモラルに逆らうことで自分の存在感を確かめている人を見たときの感じがした。ひどい偏見だった。

先日、日常のスナップショット用のカメラが欲しくなって、えいっ!とコンパクトなデジカメを買ってしまった。しかもマイナーなメーカーのもの。撮りにくくて仕方がないのだけど、天の邪鬼にはそれが心地よい。どういうわけだか、このカメラで撮る人はモノクロを多用するというので、ぼくも撮ってみた。

やっぱり気取っている。なんてことのない日常の写真なのに、見ようによっては、なにか隠された思想が背後にあるかのようにも見える。情報量の少なさが思わせぶりに働いて、かえって見る者に考えることを強い、足りないものを埋め合わせるよう強いるのだろう。そう考えていて、はっと思った。ぼくの文章と同じではないか。

モノクロ写真

by enzian | 2007-09-04 23:18 | ※街を歩く | Trackback | Comments(29)