タグ:自選集(おちゃら系) ( 27 ) タグの人気記事
※キャンパスで

柿を食うということ。

個研でくるりくるりと柿を剥いていたら、コンコンとノックの音がして、入ってきた学生がこう言いよりました。「ギャー、センセイが柿をむいている!」と、そしてそれだけ言って、バタバタとどこぞへ走って行き...

2011年 12月 02日

※その他

ぴょん吉のこと。

ぴょん吉というのは、ぼくの部屋で生活をともにしているハエトリグモのことで、あるとき小さな小さなハエトリグモがいるのに気づいて、こんな餌もないであろうところに置いておくのはしのびないと部屋から出し...

2011年 09月 25日

※キャンパスで

牧歌的対話

立派なひとがいると思う。ここでいう立派なひととは、生活や世界の全体にわたって肯定的な読み方ができるような回路を張り巡らそうとするひとで、けっこうどこにでもいる。自分の周囲が立派なものだと思うだけ...

2011年 08月 14日

※その他

ちょっとウェットなトロピカル気分

スーパーにヤングココナツ(若いココナツ椰子)というのが並んでいた。昔、椰子の実を割るのに難儀したことがあって躊躇していたのだけど、ヤングというぐらいだから、若くてやわらかいものだろうと思って買っ...

2011年 07月 26日

※街を歩く

ホームポジション

近所の通りにいったい何件の店があるのか、いまだにわからない。夜とおったときには開いていなかった店が昼間だと看板を出しているし、昼間は気づかなかったうなぎの寝床のような飲み屋が夜になると開いていて...

2011年 05月 19日

※キャンパスで

ぬるぬる准教授

とある授業に行くと、毎週毎週、どうしようもなくマイクがぬるぬるだったことがあった。辟易するのだが、たくさんの聴講者を前に「ぬるぬるなので、授業をはじめることができません」と泣き言を言うこともでき...

2010年 12月 23日

※街を歩く

ネギ

不思議な人を見た。年の頃なら50代後半の男性で、背中のリュックの両端から長ネギがながながと出ていて、ちょうど顔の両側に枝垂れかかるようになっている。長ネギは長いから、リュックに仕舞おうとしてもど...

2009年 05月 30日

※その他

各地で頻発する自画自賛

ぼけっ~とネットニュースを見ていたら、「わずかなコメを奪い合い」という文字が飛び込んできた。えぇー!と思って見直したら、「わずかなコメを分け合い」だった。「飛び込んで来た」のではなく、「作り出し...

2009年 03月 21日

※その他

しなしなの恨み

朝からコーンフレークを食べていたのだ。ぼくは牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのだが、牛乳をしみ込ませてしなしなにしたコーンフレークが極度に好きなので、そのような危険を賭してまでも時にはコーンフレー...

2008年 12月 14日

※通勤途中

全身クッツキムシ男の怪

早朝の通勤電車。頭の帽子から靴まで、まんべんなく、ぎっしりとクッツキムシ(ヌスビトハギの実)がくっついている男性が乗ってくる。なぜこのおっさんはクッツキムシを取り除かないまま電車に乗ってきたので...

2008年 11月 08日